薪・ペレットストーブ専門【ストーブShop松下】|北海道釧路 >

ペレットストーブの特徴は?

■ ペレットストーブは石油のような刺激が少ないのでお年寄り小さなお子様にも安心です。また、アレルギー・アトピーの緩和にも役立つを考えられます。吹き出る温風は、外気を取り入れますので、非常にクリーンでお部屋の空気もいつも新鮮です。

■ 薪ストーブや暖炉は火をつけたり、火力を調節したりするのが大変ですがこのストーブはらくらく簡単操作。着火、燃料供給、湿度調節、送風量もボタンひとつでOK。温度センサーなども付いているので火災の心配もございません。
Q&A | - | -

ペレット燃料の特徴は?

■ 間伐材や製材端材といった木質原料を粉砕・圧縮・成型した固形燃料です。

■ 木質ペレットは水分を飛ばし、固めてあるので、燃焼温度も高く、二酸化炭素を大幅にカットする事が出来ます。

■ 粒状の固形燃料なので手を汚さずに燃料供給ができます。また、ガスのような爆発や石油のような引火もありません。
Q&A | - | -

環境への影響は?

■ バイオマスエネルギーであるペレットを使用する為、地球環境には大変よいです。バイオマスエネルギーとは光合成によって太陽エネルギーと蓄えた、植物をエネルギーとして利用したものです。

■ バイオマスを燃焼させて、エネルギーとして利用しても、もともとは大気中の二酸化炭素が固定された物を使っているため、バランスに気をつけて大切に使えば、なくなることのない再生可能エネルギーなのです。
Q&A | - | -

灰や煙突の掃除は大変ですか?

■ 灰は1日中焚いたとしてもほんのわずか。発生したわずかな灰は、自動的に灰受けボックスへ落ちますので、頻繁に除去作業を行っていただく必要はありません。

■ 運転前に燃焼室を軽く清掃する必要がありますが、刷毛で前回の灰を落とすだけの簡単な作業です。

■ 灰受けボックスは余裕をもった大きさなので、1シーズン程度なら1度も棄てる事なく使い続けることも可能。(使用状況により処理は必要となります。)

■ ペレットストーブは安定して燃えるペレットが燃料。燃料の質に炎が左右されず、誰が扱ってもほぼ完全燃焼が行えるため排気自身に煤や有害物質をほとんど含みません。このためはいき筒内部を掃除する必要はありません。

■ 吸気孔にほこりなどが詰まると未燃の原因となりますので、空気採り入れ口はこまめにお手入れしていただくことをお勧めいたしています。
Q&A | - | -

イタリアンデザイン Ecotherm1000(エコサーモ)

イタリアンデザイン Ecotherm1000(エコサーモ)寸  法:W429×D449×H862
リモコン付/3色から選べます。

362,250円
- | - | -

ページの先頭へ