薪・ペレットストーブ専門【ストーブShop松下】|北海道釧路 >

灰や煙突の掃除は大変ですか?

■ 灰は1日中焚いたとしてもほんのわずか。発生したわずかな灰は、自動的に灰受けボックスへ落ちますので、頻繁に除去作業を行っていただく必要はありません。

■ 運転前に燃焼室を軽く清掃する必要がありますが、刷毛で前回の灰を落とすだけの簡単な作業です。

■ 灰受けボックスは余裕をもった大きさなので、1シーズン程度なら1度も棄てる事なく使い続けることも可能。(使用状況により処理は必要となります。)

■ ペレットストーブは安定して燃えるペレットが燃料。燃料の質に炎が左右されず、誰が扱ってもほぼ完全燃焼が行えるため排気自身に煤や有害物質をほとんど含みません。このためはいき筒内部を掃除する必要はありません。

■ 吸気孔にほこりなどが詰まると未燃の原因となりますので、空気採り入れ口はこまめにお手入れしていただくことをお勧めいたしています。
Q&A | - | -

ページの先頭へ